1. ホーム
  2. 車種
  3. トヨタ
  4. ≫シエンタのパワー不足は深刻?ファミリー向けなのに大丈夫なの?

シエンタのパワー不足は深刻?ファミリー向けなのに大丈夫なの?

月の販売台数が1万を超える人気のシエンタは売れ行きが順調です。その一方で最近、良く見受けられるのがシエンタのパワー不足です。

果たしてそんなにパワー不足を感じる方が多いのでしょうか?こちらを見ていきましょう。

スポンサーリンク

シエンタのエンジン、モーターは力不足?

車好きの人のコメントあ多く集まる、価格.comでは色々な利用者の声が集まります。

その価格.comのWebマガジンで以下のような記事が紹介されています。

トヨタ「シエンタ」が販売好調! 評価が高めのHV車に対して、ガソリン車はややパワー不足との声も
https://kakakumag.com/car/?id=3284

こちらを見ると、シエンタは2015年のフルモデルチェンジ以降、好調な販売数を維持していますが、一部、パワー不足だとの感想が見られるようです。

ただ、ガソリン車とHV車で大きく評価が分かれたのが、パワーや燃費に関する感想だ。ガソリン車については、「坂道で非力に感じる」「高速合流などではかなり踏み込みが必要です」との声があるのに対して、HV車については、「街中ではモーターアシストもあり重さを感じさせません」「高速道路でもストレスなく加速しました」との感想があるなど、HV車の力強さに対して、ガソリン車ではややパワー不足との意見もある。

元々、1.5Lエンジンに大人7名乗車可にしている時点で、1人ならまだしもフル乗車はちょっとキツイ状態の特徴があるのがこのコンパクトミニバンクラスですが、やはりどうしてもパワー不足である点は否めないと言えます。

Twiiterの投稿などでも以下のような意見がチラホラと見受けられます。

このように、パワー不足を感じている人が多いようですね。

実はアクアとシエンタはエンジンは一緒

もう一つ、見逃せないのが実は、HVシエンタのエンジンは、アクアと全く一緒なんです。

シエンタ 主要諸元表
http://toyota.jp/pages/contents/sienta/002_p_001/pdf/spec/sienta_spec_201507.pdf

アクア 主要諸元表http://toyota.jp/pages/contents/aqua/001_p_011/pdf/spec/aqua_spec_201706.pdf

エンジンの形式は1NZ-FXEで全く一緒です。またモーターについては、形式こそ違うものの、最高出力45kW(PS)、最大トルク169Nm(kgfm)と全くの一緒。

普通に考えて同じものを積んだシエンタでは問題が出るだろう……と思っちゃいますよね。

アクアと一緒のエンジンはどんな問題が

この状況が何が問題かというと、コンパクトカー筆頭のアクアと一緒という事は、快適に乗れるのはエンジンパワー的には精々、大人4人程度くらいまでに最適化されているという事です。

コンパクトカーはそもそもフル乗車で快適に乗れるようには作られていない(偏見)と思いますので、それで更に車体を大きくしちゃったら……ちょっと辛いですよね。

また、車体スペック上の乗車定員は、アクアが5人に対し、シエンタは7人です。車体重量もアクア1100kgに対し、シエンタはその大きくなった車体で1380kgで約280kgも重くなっています。

この結果、最大で考えて見ると、280kg車体が重い+大人2人分追加で平均120kg上乗せ=400kgとなり、同じエンジンで約1.3倍ほどの重さをカバーしなければならないという状態になっています。

まとめ

ここまでシエンタのパワー不足について、色々と考察してきましたが、とは言ってもそもそも論になるのですが、フリードやシエンタは、フル乗車で快適に乗る事は考えて作られていません。

ある程度、値段やコストを下げて買いやすくしたのがこのクラスなので、もしフル乗車である程度快適に乗るならば、その上のミニバンクラスである、ノア、ヴォクシーなどが必要になってきます。

この為、予算が無いけれど、ある程度の人数は乗せたいという方向けなので、そこはある程度の割り切りが必要です。

街乗りや通勤で利用する分には全く問題ないスペックを備えてますので、あまりパワー不足については考慮しなくても良いかと思います。

ディーラーで下取り車を査定してもらうのは楽ですが、実際の相場とはかけ離れた査定額になってしまうことも多いもの。
知らない所で損をしないように、一括査定サイトで事前に相場をチェックしておきましょう!