1. ホーム
  2. 車種
  3. トヨタ
  4. ≫トヨタの安全装置、Toyota Safety Senseはどんなもの?

トヨタの安全装置、Toyota Safety Senseはどんなもの?

自動車メーカーにとって近年大きなテーマとなっているのが安全技術です。

自動運転が注目を集めているのも、いわば安全技術の先にある技術だからこそです。

各社とも独自に安全に対してアプローチしていますが、トヨタの安全技術、「Toyota Safety Sense」は大きな注目を集めています。

こちらは2種類のタイプがありますので、それぞれチェックしてみましょう。

スポンサーリンク

Toyota Safety Senseの基本的なシステム

Toyota Safety Senseには「Toyota Safety Sense P」と「Toyota Safety Sense C」の二種類があります。

それぞれレーダーと単眼のカメラによって様々なものを感知し、事故防止に役立てます。

Toyota Safety Senseの究極の目標である「交通事故死傷者0」を達成するための装備が整えられています。

Toyota Safety Sense C

一応こちらがスタンダードな位置付けになります。

レーダーレーダーと単眼カメラにより、3つの支援機能が用意されています。

衝突の危険回避をサポートしてくれるプリクラッシュセーフティシステム。こちらは「止まるを助ける」機能です。

そして車線逸脱の危機を知らせてくれるレーンディパーチャーアラート。車線を越えると警告してくれるので危険を察知出来ます。

そしてオートマチックハイビーム。夜も視界を確保してくれますので安心です。

Toyota Safety Sense P

こちらはToyota Safety Sense Cより上位の安全装備です。

基本的な名称は変わらないのですが機能が異なります。例えばプリクラッシュセーフティシステム。

Toyota Safety Sense Cの場合、衝突回避支援型ですが、Toyota Safety Sense Pの場合、歩行者検知機能付きの衝突回避支援システムです。

レーンディパーチャーアラートも、Toyota Safety Sense Pの場合はステアリング制御機能が搭載されているので、注意を喚起されるだけではなく、半自動で運転をコントロールし、車線の逸脱を防止してくれます。

また、Toyota Safety Sense Pのみの機能としてレーダークルーズコントールが用意されています。

全車速追従機能が付いていますので、適正距離を保てますし、適正距離が乱れればブレーキ制御も行ってくれるのです。

このような違いがありますので、トヨタ車を購入する際にはToyota Safety Senseにも注意しておきましょう。

ディーラーで下取り車を査定してもらうのは楽ですが、実際の相場とはかけ離れた査定額になってしまうことも多いもの。
知らない所で損をしないように、一括査定サイトで事前に相場をチェックしておきましょう!