1. ホーム
  2. 車種
  3. トヨタ
  4. ≫中古車プリウスは今が狙い目!燃費が良い高コストパフォーマンス!

中古車プリウスは今が狙い目!燃費が良い高コストパフォーマンス!

低燃費のハイブリッドカーはランニングコストは良いものの、車体価格がネックです。

そのランニングコストは中古車で購入することで最大に出来ます。

スポンサーリンク

高いハイブリッド車は中古車が一番!

コンパクトカーはもちろんですが、同クラスのガソリン車と比べてもどうしても車体価格が高いのです。

そのため、燃料費だけではなく、トータルコストで計算するとガソリン車の方が割安になるのですが中古車は話が別です。

中古車の場合、車体価格を抑えられますのでトータルコストも抑えられます。特に狙い目はプリウスです。

低燃費ハイブリッドカーの代名詞とも言うべきプリウスは人気のおかげで中古車がとても多いのです。

中古のプリウスはバッテリーは交換の必要がある?

中古でプリウスを購入する場合、一番心配なのは何と言ってもメインの主役とも言えるバッテリーでしょう。

プリウスに利用されているバッテリーは駆動バッテリーと補機バッテリーの2種類が存在しています。

トヨタの公式サイトには、ハイブリッドシステムを動かす要となる駆動用バッテリーの寿命について、「保証は新車を登録した日から5年間。ただし、その期間内でも走行距離が100,000kmまで」と明記されていました。

これは初期型から適用されており、中古で購入した場合は場合によっては5年を超えているケースがあると思います。

しかし、5年を過ぎていたとしても、走行距離としては10万kmまで保証されているとも考えられ、また、ある程度は年数で経年劣化があったとしても、そこまで性能は落ちないだろう、という判断も出来るかと思います。

ちなみに、駆動用バッテリーを交換する際は、およそ13万円?14万円ほどの料金が掛かります。

その分のコストを踏まえて、中古車としての価格メリットと比較し、交換に踏み切るのもアリだとは思われます。

次に補機バッテリーについては、交換費用は25,000円で、耐用年数は3年?5年となっています。

こちらについては、それほど高い訳でも無いので、交換した方が良いと思われます。

狙い目は3代目モデル

狙い目は現行モデルよりも3代目モデルです。大手中古車サイト(http://www.goo-net.com/php/search/summary.php)にて在庫をチェックしてみると、3代目モデルのプリウスだけでおよそ6,000台以上あるのです。

条件も様々で、例えば5万km以下でも3,600台、100万円以下でも1,600台程度全国に在庫があるのです。

在庫が多いので選択肢も多数あります。

更にはプリウスは4代目モデルが現行モデルになりますので、中古車ショップ側としても3代目はいつまでも持っておきたくない在庫です。

売れるのであれば多少値引きしてでも…という意識もありますので、買い手市場へと移行しつつあります。

初代モデル、2代目モデルは…

初代モデルは在庫数が多くはない点や現行のプリウスと比べて試作機的な意味合いが強いので候補から除外するとして、2代目モデルもそこまでお勧めは出来ません。

2代目モデル2003年から2009年まで販売されていました。

そのため、一番新しいモデルであってもそろそろ登場から10年が見えてきています。走行距離が短いものであっても10年となるとエンジンだけではなく、目に見えない部分も劣化してしまいます。

ましてや過去モデルです。修理の際、さすがに2代モデルも前の部品等を持っているディーラーも少なくなってきていますので、場合によっては修理に思わぬ費用がかかるケースも出てきます。

3代目モデルは現在でも通用するレベル

その点、3代目モデルは2015年の12月まで発売されていました。

モデルチェンジされたので「過去のモデル」になってしまいましたが、未だかつて3代目プリウスの燃費よりも低燃費のクルマの方が珍しいレベル。

フルモデルチェンジしていなければ現行モデルとしても十分に活躍出来るポテンシャルなだけに、3代目モデルは狙い目です。

「どうしても新車が欲しい」という人は4代目、つまりは現行モデルの方が良いでしょう。
ですがランニングコストもイニシャルコストもすべて抑えたいのであれば、ある意味「最強」と言っても過言ではないのが3代目プリウスなのです。

ディーラーで下取り車を査定してもらうのは楽ですが、実際の相場とはかけ離れた査定額になってしまうことも多いもの。
知らない所で損をしないように、一括査定サイトで事前に相場をチェックしておきましょう!