1. ホーム
  2. 車を売る
  3. ≫通勤に車を使わない場合、下取りに出すべきなの?

通勤に車を使わない場合、下取りに出すべきなの?

電車やバスなどで通勤するようになり、ふと気がつけば車に乗る頻度が大幅に下がった場合、ただ、置いておくのも勿体ないと考えちゃいますよね。

果たして、下取りに出すべきなのでしょうか

スポンサーリンク

家に置いてある車は無駄?

自宅に置いてある車は、本当に無駄なのかちょっと考えて見ましょう。

車が1台あるということは、家族の送迎、郊外の大規模スーパーへの移動、病院への送迎など色々と役立ちます。

車を所有している、という事はいざ使いたい!となった場合に凄く便利なのは身をもって理解されていますよね。

ただ、問題なのはその維持費。

いつでも使えるから、という為に、毎月5万?10万円の為に車を維持費を掛けるのか、という点で悩みますよね。

結論的には維持費との兼ね合いになるのですが、その維持費、もしかしたら不要に出来るかも知れません。

公共交通機関は融通がきかない

基本的に、車の代替えという意味では、他の公共交通機関での利用をまずは検討すると思われます。

しかし、公共交通機関は得てして融通がきかないもの。

中々来ないし、遅れるし、バス停や駅まで歩かなきゃ行けない。しかも行きたい場所へ直通で行けるケースは少ないですよね。

大抵は近場まで複数のルートを駆使して行かなきゃいけません。しかも最悪、その場所から遠くてタクシーを併用して利用せざる得なくなったりまします。

この為、なるべく利用したくない、ってのが本音。

では車が無かった場合、他に代替する方法はあるのでしょうか。どのような選択肢があるのでしょうか?

車の代替えになるもの

まずはオーソドックスですが「自転車」。近年はエコブーム、健康ブームもあり、ちょっとした近場になら自転車が便利です。

また、ちょっとした近場で無くても、10km圏内でなら、自転車で頑張って行くのもアリです。問題は距離があると面倒くさくなり、行かなくなるリスクでしょうか・・・。

次に、「原付バイク」。車の免許保持者は、50ccの原付バイクに乗れるのはご存知の通りですが、近場までちょっと買い物に出かけたりする場合、とても便利です。

最近の50cc原付バイクは大体10万ちょっとくらいで乗れますので、近場のスーパーや病院などに行くにはこれで十分足りると思われます。

しかし、問題は乗車人数が本人のみですので、同乗者を載せる事が出来ない点が不便ですね。

そして最後に、本命ですが、「カーシェアリングサービス」を利用する事。

カーシェアリングサービスというのは、近場にあるタイムズなどの駐車場に置いてある、共通利用のレンタカーをもっと手軽に借りれるようにしたものです。

値段もレンタカーに比べ安めに設定されており、15分単位から借りる事が可能です。

料金は、大体1時間800?1000円くらいで、その他、月額費用が1000円程度掛かります。

タイムズカーシェアリングサービス料金表
カレコカーシェアリングサービス料金表

大体、週に1?2回、計3時間?4時間ほど借りる想定だと4千円x4で16,000円程度に抑えられます。

また、オトクな長時間パック料金もあるので、家族でどこかに出かけたい!といったケースでも安心です。例えばタイムズなんかだと6時間4020円、カレコで6時間3800円です。

もちろん、この値段にはガソリン代、保険代(対人、対物無制限)が含まれています。

あまり利用頻度が少ない場合、高額な維持費をかけるより、こういった代替え方法を検討するのも手ですね。

三井のリパークでカーシェア「カレコ」公式サイトを見てみる

車の資産価値は徐々に目減りする

ご存知の通り、車の資産価値は毎年、目減りしていきます。

もしあなたの愛車が使ってないのに放置している・・・、そんな状態に置かれているとしたら無駄な資産を寝かせていることになっています。

クルマの維持にはお金がかかるもの。

黙って駐車しておくだけで税金や駐車料など、意識することのなかった費用が日々発生していることを忘れてはなりません。

加えてこれまでは自分で所有するのが当たり前だったことが、レンタカーやカーシェアリングなど、クルマの活用の仕方も様々な選択肢から選べる時代にもなってきました。

これまで述べたように、自分の使用状況を見直し、無駄のない使い方を検討してみることがお勧めです。

今すぐ査定に出し、今まで気付いていなかった「隠れた資産」の価値を知ってみてはいかがでしょうか。

今すぐ32秒でかんたんに査定が出来る!かんたん車査定ガイドはこちら