1. ホーム
  2. 車を買う
  3. ≫ディーラーでの下取りは損をするかも?大きく値引きを勝ち取る方法!

ディーラーでの下取りは損をするかも?大きく値引きを勝ち取る方法!

face-730801_640

新車を購入する際に、下取りもついワンセットでお願いしちゃう事って多いですよね。

でもそれってかなり勿体無い状況になっているんです。その理由をご説明させて頂きます。

スポンサーリンク

ディーラーの下取りは安くなるワケがある

新車購入の時には必ず営業マンから「今のお車の下取りはどうしますか?」と聞かれるはずです。

そんな時、つい面倒なので一緒に頼んでしまいがちですが、実は、これって値引きの時にいいように使われちゃう危険性があるんですね。

特によくあるのが、「本当は査定0円なのですが、頑張って5万円付けました!」とか言われちゃうケース。

騙されちゃいけません。本来の値段をそのまま出してきてるパターンですからね。

しかも、ディーラーでの下取りは、これから説明していくように、様々な問題があって、中々高価買取まで行かないワケがあるんです。

それは一体どのような問題なのでしょうか・・・

販売ルートが違う

世の中に沢山ある買取専門業者と較べて、何故ディーラーでの販売が安くなるかというと、一つの理由としては、違うメーカーの流通経路が充実していないというものがあります。

ホンダの車を売っている所は、やはりホンダ系列の販売店への繋がりが強いですので、そこで日産の車を売ろうとしても中々売れません。

下手すれば更なる買取業者への販売、オークション出店料なんかでもガッツリ利益を取られます。

そんな状況では、中々高く買い取ろうとしても難しいもの。

また、海外への販売ルートや、車展示場などへのツテも少ないので、買い取った車の処分がどうしても買取業者に較べて落ちる状態となります。

新車購入時の値引きサービスとして利用される

最初の例でも挙げたのですが、値引きする際に、下取り価格の幅を使って、さも大きく値引きしました!という感触を与える為に利用されます。

酷い所になると、本当は20万の買取価格が付くのに5万円の査定で下取りされるとかザラです。そもそもディーラーは販売のプロであって、決して買取のプロではありません。

下取りそのものも、いわばディーラーにとっては「買ってもらうための手段」なのです。

そのため、自分たちの出費を抑えるのは当然ですし、言い方は悪いですが消費者の足元を見るのも当然です。

仮にですが、何も分かってないような消費者を相手にした時、本来であれば消費者はあまり得をしていないのに「下取り価格高めました!」と、実際には先の例のように実は得をしていないものの、上手く言いくるめようとするようなディーラーもいるのです。

ディーラからの下取りは、最初は無し!と回答しておく

こういったケースに対応する為に、まずは「下取りしますか?」については、「親戚に委譲するので無しで」といったように、下取りは無しの方向で話を進めましょう。

そして、最終的なハンコを押す場面になってから、「委譲する話は無くなった。査定して欲しい」と言い、上手く査定のみで新たに交渉を行なう事がコツです。

ディーラー側は、「何も知らないだろう」との思いで下取り額を設定します。

また、ディーラーで下取りを利用する人の多くが、下取り額そのものよりも、全て一緒に行ってもらった方が面倒がないと思っているため、買取価格に関してあまり気にしないのです。

そのような消費者を相手にした時、ディーラー側は「高く買取るための工夫」をする必要はありません。極論ですが、どのような額を提示したところで、消費者が「お願いします」としか言わないからです。

買取業者は「買取のプロ」

一方、買取業者はディーラーとは異なり、「買取のプロ」です。

買取った車をさらに流したり、自社の流通に乗せたり。目的は様々ですが、他にも競合がありますので、少しでも高い額を提示し、自分たちの在庫にしなければならないのです。

ディーラーでの下取りは、ディーラーにとってはお客は自分たちの所で新車を購入することが決まっているので焦る必要がありません。いわば競争原理が働いていないのです。

その点買取業者は、仮に提示額が低い場合、お客を逃してしまう可能性もあるのです。

買取業者にとっては毎回が真剣勝負なのです。足元を見た価格を出そうものなら、お客を逃してしまうだけではなく「あそこは足元を見てくる」といった評価まで下されてしまうのです。

買取店では危機感を持って接してくれる

ディーラーであれば、それでも車検等で利用しなければならないのですが、買取店に関しては一度信頼を損ねると、二度と自分たちを頼ってくれないかもしれないとの危機感も持っています。

このように、ディーラーとは方向性が異なる以上、買取店の方が危機感を持って接してくれるのです。

また、下取りを出す前には必ず一括査定サイトで、実際に買取業者ではいくらで買取してくれるのかを事前調査しておきましょう。

相場を理解していれば、提示された下取り額が高いのか安いのか判断出来ますので、間違いが起こりません。後になって「失敗したな…」と思うことも少なくなるでしょう。

特にオプションパーツ類などはディーラーではあまり査定に色を付けてくれません。

オプションパーツが沢山あるのであれば、買取業者の方が一般的に高く査定してくれる事も覚えておいて下さいね。

愛車の使用頻度が低い場合

もしあなたの愛車がそんな状態に置かれているとしたら…無駄な資産を寝かせていることにもなってしまいます。

クルマの維持にはお金がかかるもの。黙って駐車しておくだけで税金や駐車料など、意識することのなかった費用が日々発生していることを忘れてはなりません。

加えてこれまでは自分で所有するのが当たり前だったことが、レンタカーやカーシェアリングなど、クルマの活用の仕方も様々な選択肢から選べる時代にもなってきました。

自分の使用状況も見直し、無駄のない使い方を検討してみることもお勧めです。

今すぐ査定に出し、今まで気付いていなかった「隠れた資産」の価値を知ってみてはいかがでしょうか。

ディーラーで下取り車を査定してもらうのは楽ですが、実際の相場とはかけ離れた査定額になってしまうことも多いもの。
知らない所で損をしないように、一括査定サイトで事前に相場をチェックしておきましょう!