1. ホーム

車選び方徹底ガイド!賢くお気に入りの車を手に入れる方法とは?

img001886

新しいマイカーを購入する時はできるだけ安く買いたいもの。

しかし、新しく車を購入したい時には、色々と重要な事がいくつかあります。

どのように値引きを仕掛けるか?、これまで乗っていた車をどう処分するのか?、購入後の維持費用などは実質どのくらい掛かって来るのか?、実際の乗り心地などのフィーリンクはどうか?、など色々と調べておいたり、事前に調査が必要。

また、乗り始めた後の事も十分に考えておいたりしておく必要性があります。

このように、一口に車の購入と言っても様々です。

当サイトでは、車を選ぶときにどのようにしていけば良いのか、判断の指標の一つとしてお役立ち出来るような情報を発信していくサイトです。

この記事で分かること
  • 車を購入する際に一番良い時期
  • 具体的な購入スケジュールを決める
  • 新車をなるべく値引きするテクニック
スポンサーリンク

新車はいつ購入するのが賢い選択?

新車を購入する際に大事になってくるのが、その購入する時期です。

車なんて欲しい時が買い時でしょ!と考えている方がいらっしゃった場合、残念ながらそれは違います。

主に新車が大きく値引きを勝ち取れる時期というものがありまして、これがいつなのかというと大きく分けて、会社の決算期である3月と9月なんですね。

当然、いざ車を購入するとなった時は、上記の約1?2ヶ月ほど前から検討を始めなければいけません。そしてうまく3月と9月にもう決済のハンコを押すだけ!という形に持っていくテクニックが必要となります。

このようにしていくと、なるべくこの重要な時期に売上を伸ばし、会社からの評価を上げるチャンスが営業マンに舞い降りる形になるので、いつもは出さなかった値引き額も大きく狙えるチャンスが来るんです。

中古車を購入するのはいつが良い?

中古車を購入するのに最適なのはいつでしょうか?新車と違い、中古車は売れ残りやすい車種などがあるので、供給はあっても良い中古車が少ない、という事情があります。

上記の事情を考慮すると、狙い目はより程度の良い中古車が沢山出てくる時期です。

例えば、新車の良く売れる時期の3月、9月は新たに新車購入後に払い下げが活発化しますので、普段より良い掘り出し物が出て来る可能性があります。

また、中古車販売業も会社ですので、決算の都合がある為、新車と同じように中古車販売業者も数を稼ぎたいと考えています。

このようにある程度新車の売れ行きが良い時と、中古車の売れ行きが良い時期は、共通点があります。

フルモデルチェンジ時期を狙う!

新車や中古車を狙う際にもう一つ狙うべき時期があります。それはその欲しいクルマのフルモデルチェンジ時期を狙うという事。

ご存知かもしれませんが、一般的な車は、大体4年毎に大幅なバージョンアップを図り、より魅力的な車へと生まれ変わります。

これは、最新の技術やより発達した環境への配慮、デザインの向上などで、より魅力的な車に仕上げ、売れ行きを上げる為です。

しかし、ここで問題なのがフルモデルチェンジを果たしたあと、これまでの旧車種となってしまう車です。

上手く在庫がゼロになれば良いのですが、そう上手くはいきません。

また、新しい車種が発売されるとなると、乗っている人の気持ちとしては、やはり古い車種より、よりスタイリッシュな性能の良い車に乗りたいと思いますので、人気がガクンと下がってしまうんですね。

誰だって同じ値段で購入するなら新しい方が良いでしょう。

そうすると、同じ値段でもフルモデルチェンジ後には、在庫とならないように、なるべく買ってもらおうとする為、大幅な値下げが期待できるんです。

このような時期が近づいている車種を選ぶのも、選択肢としてはアリですね。

燃費にはこだわりが必要!

最近では、エンジンだけで駆動するだけでなく、電気モーターを併用した、ハイブリッド車が増えてきました。

これは従来のエンジンだけで走るのでは無く、バッテリーを利用してモーターを駆動し、ガソリンの使用量を抑え、より燃費よく走れるようになった夢の技術です。

この結果、通常だとガソリン満タンで走行距離300kmくらいだった走行距離も、凄いのになると500kmくらいまで伸びているケースもあります。

しかし、良いことばかりではありません。

バッテリーを積んでる都合上、車体重量は増え、その分のスペースを食うようになり、バッテリーは経年劣化しますので、ある程度の期間で交換する必要性があります。

また、値段もある程度高くなってしまいます。

こういった点に目を瞑れば、大きく向上した燃費はとても心強いものです。

通勤に使わず、土日のみしか走らないケースだと、下手すれば1ヶ月とか無給油で走れるかもしれません。

最初こそ高くて支払いが大変かもしれませんが、燃費を考えると凄く魅力的になってきていますね。

安全装備が標準化してきた

最近の傾向として、フルエアバックやABSブレーキなどは標準装備として実装されてきています。

一昔前まではこういった安全管理の部分は、10万円超のお金を出さないと付けてくれなかったので、それを考えると凄い進化ですよね。

また、車体の前後左右にカメラを備える車も増えてきました。これは車庫入れのみならず、広い駐車場内での安全確認や、小さい子供が側にいる自己なんかを減らすのに役立っています。

その他、約10?80km/h の範囲で前方の車両や歩行者と衝突する可能性がある場合に作動し、自動的に停止又は減速するエマージェンシーブレーキというのも出てきてます。

より安全に乗れる仕組みが整ってきていますね。

新車を値引きするテクニック

新車を購入する際は、値引きのテクニックを良く覚えておくのが重要です。

これは主にどのように交渉すれば、大きく値引きが勝ち取れるか、をよく理解しておくことです。

基本的な手法としては、競合車と価格の値下げを競わせる、という方法です。フリードを買うにはシエンタと見積もりを行なう、ヴォクシーを買うにはセレナと見積もりを行なう、などです。

お互いの見積もりを取って、より安い方を選ぶようにする事で、大きな値引きを勝ち取れるチャンスになりますし、思いがけない無料サービスなども期待出来ます。

次にある程度の新車購入額で値引きが勝ち取れたら、次はオプションパーツ類で値引きを狙っていきましょう。

基本的にカーナビなどの高額なパーツほど高く値引きが狙えますが、値引きの為に必要のないパーツを購入する、なんて事にはならないように注意が必要です。

以下のページで色々と値引きのテクニックについて説明していますので、参考までに見てみて下さい。

新車の値引きにはオプションを狙え!実質値引きを最大化させる!

ディーラーでの下取りは損をするかも?大きく値引きを勝ち取る方法!

新車の乗り換えと乗りつぶしはどちらが得か?

新車を購入する場合、大きく2つの方法に分かれます。

新車を購入した後、価値が大きく下がる分岐点の5年目で買い換える方法と、10年近く乗ってまた新たに新車を買う方法です。

5年目で買い換えるパターンの場合、大体、その時の流行りの車種に乗れますが、その変わり5年以内でローンを払い終わる組み方をしないといけない所がデメリットです。

10年近く乗り続けて、あとは廃車にするだけの乗りつぶしコースの場合、5年目以降、残債が残る場合でも購入可能で、ローンが終わった後に次の新車購入費をためて置くことが出来るメリットがありますが、10年近く同じ車に乗り続けなければならないデメリットがあります。

一概にどちらが良いとは言いにくいのですが、毎月5万程度の支払いが可能、または一括で購入可能なら5年毎に買い替え、そうで無ければ10年乗る乗りつぶしが良いと思われます。

ですが、どちらの乗り方をするにして、メリット・デメリットがありますので、自分が納得できる買い方が一番という事になります。

ディーラーで下取り車を査定してもらうのは楽ですが、実際の相場とはかけ離れた査定額になってしまうことも多いもの。
知らない所で損をしないように、一括査定サイトで事前に相場をチェックしておきましょう!